一般社団法人 日本糖尿病合併症学会

  • 利益相反(COI)
  • 関連リンク
協賛企業
  • ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
  • ファイザー株式会社
  • 日本イーライリリー株式会社

ごあいさつ

  1. ホーム
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

糖尿病合併症を克服し 糖尿病患者の明るい未来に貢献します
一般社団法人 日本糖尿病合併症学会 理事長 羽田 勝計

一般社団法人 日本糖尿病合併症学会 幹事長 羽田 勝計

 「日本糖尿病合併症学会」は、前身である「日本糖尿病性合併症研究会」として1987年に設立され、坂本信夫会長の下で第1回研究会が開催されました。1998年5月20日、日本糖尿病学会総会において分科会として承認され、「日本糖尿病合併症学会」が誕生しました。同年12月、第12回日本糖尿病性合併症研究会に続き、最初の日本糖尿病合併症学会年次学術集会が第13回として堀田饒会長の下で開催されました。初代幹事長を堀田饒先生、第2代を齋藤康先生、第3代を羽田勝計先生が務められ、2015年4月1日に法人化され「一般社団法人日本糖尿病合併症学会」が誕生し、羽田勝計先生が初代理事長に、2017年10月28日に私が第2代理事長に就任いたしました。歴代幹事長・理事長のご尽力により、当学会は着実な発展を遂げてきました。

 日本糖尿病学会が掲げる糖尿病治療の目標は、「健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、健康な人と変わらない寿命の確保」であり、この目標達成には糖尿病合併症の発症・進展を阻止することが必須であることは言うまでもありません。近年の糖尿病治療法の進歩により、血糖コントロールが改善し、合併症の頻度も減少傾向にあるものの、合併症の克服には未だ到っていません。「糖尿病学並びに糖尿病合併症研究・診療の進歩・向上をはかること」という本学会の設立目的を果たすべく、今後とも積極的な活動を展開してまいります。糖尿病診療に関わりのある多くの方々に本学会へご参画いただき、本学会の更なる発展にご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

このページの先頭へ